普通のタバコと何が違うの?電子タバコの初心者向け知識

煙ではなく水蒸気が出る

電子タバコを使用する姿は、まるで普通のタバコを吸っているかのように見えるものですが、吸い込む煙の正体は水蒸気である点に大きな違いがあります。装置により発生する水蒸気を、吸って楽しむのが電子タバコの特徴であって、煙とは違って不快な臭いが発生する心配がありません。そのため使用を憚られる部屋や車内などでも、気軽に使用をすることができますよ。

ニコチンは含まれていない

通常のタバコにはニコチンが含まれ、有害性があることは広く知られています。かたや電子タバコにはニコチンが入っていません。また、タールについても含んでいないため、有害性の観点ではリスクが低いとされているのが電子タバコの特徴です。ただ、ニコチンが含まれていないことで、紙巻タバコを吸った時の、ガツンとする刺激がなく、物足りなさを感じることもあるでしょう。電子タバコユーザーは、別途ニコチンリキッドを用いて刺激をプラスするケースもあり、もっと刺激が欲しい場合は使い方を工夫してみるのも良いかもしれませんね。

使用にはバッテリーが必須

電子機器である電子タバコは、充電切れのリスクに注意しなければいけません。タバコと火さえあれば簡単に吸える普通のタバコに対して、電子タバコはバッテリーが必須であり、充電切れを起こしてしまうと一切使用することができませんので、そこに不便を感じられることもあります。外で使用をする場合は、モバイルバッテリーを活用したり、大容量のバッテリーを備えた電子タバコを準備したりするのがおすすめと言えます。

電子タバコのVAPEは好みのフレーバーのリキッドを選び液体を気化させ味を楽しみます。そのフレーバーの中にニコチンリキッドがあり、ニコチンが含まれていています。