電子タバコに興味がある方は必見!電子タバコの特徴や煙草との違いなどを紹介

電子タバコは煙ではなく水蒸気を発生させる

一般的な煙草の場合、煙草の先端に火を付ける事でタバコ葉が燃えて、煙を発生させる仕組みとなっていますが、電子タバコは電源を入れると煙ではなく水蒸気が発生します。つまり、電子タバコが煙草と大きく異なる点は煙ではなく加熱して発生した水蒸気を吸引するという事です。電子タバコは水蒸気を発生させる事から、煙草のようなヤニ臭さがないという特徴があります。また電子タバコは煙を出さないため、煙で周囲の人に迷惑をかけたり、他人からタバコの臭さを指摘される心配はほとんどないと言えます。電子タバコは大きく分けるとVAPEと加熱式タバコの2タイプがあります。当初は加熱式タバコに人気が集まっていましたが、近年ではVAPEを愛用している人も増えていると言われています。

電子タバコはニコチンなどの有害物質を発生させない

電子タバコと煙草では加熱の方法でも違いがあり、電子タバコは煙草のように火を使う事なく蒸気を発生させる事ができます。電子タバコは、液体のリキッドなどを電池タイプや充電タイプのデバイスから電力供給を受けた加熱ユニットによって蒸気が発生するので煙の発生はありません。火を使用する事なく楽しめる電子タバコは火傷や火事のリスク軽減にも繋がると言えるでしょう。一方、電子タバコの特徴としては、煙草に含まれているニコチンやタールといった人体に害を及ぼすと言われている成分が含まれていない点です。そのため、煙草は吸いたいが自分の健康も心配だという方は電子タバコに移行するのがおすすめなのかもしれません。

現在日本産のニコチンリキッドはありませんが、海外から個人輸入をしているサイトで購入することが出来ます。